債務整理 千葉 劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル | 思いて学ばざる日々

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

とにかく早く取り組みたい人へ
自己啓発にもオススメ
RECOMMEND
自殺のコスト
自殺のコスト (JUGEMレビュー »)
雨宮 処凛
死にたくなったらこれを読め
RECOMMEND
死別の悲しみを超えて (岩波現代文庫)
死別の悲しみを超えて (岩波現代文庫) (JUGEMレビュー »)
若林 一美
我々にとっては簡単な死が、どれだけの長い時間、遺された人々に影響を及ぼすのか?
MOBILE
qrcode
SEARCH
PROFILE
LINKS
   
OTHERS
SPONSORED LINKS
CONCEPT
うつで離人症で毎日が夏休みの
三十路女、人生を謳歌中。
好きなもの:止揚
嫌いなもの:ルサンチマン
自分の覚え書きめいたブログです。
CLEVER CLOGS!
LATEST ENTRY
CATEGORY
my GPS
skim
OIDEMASEEE! VISITORS
ARCHIVE
TRACKBACK
<< 黒部の太陽 | top | TRICK劇場版 超完全版(TORIKU) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル

超常現象を否定し糾弾するマジシャンが、実は本物の霊能力者かもしれないというパラドックスに心動かされ、私はTRICKシリーズが大好きである。堤組の手がける作品ということで、‘物理学者+マジシャン→トリックを暴く’という構図から、大幅に逸脱したおふざけも悪くない。
ただ、監督の照れ屋なキャラクターもあるのだろうが、そのおふざけ振りがまじめに徹しすぎて、テーマがなおざりになっているところが、返す返すも残念な点である。
TRICKシリーズ10周年・・・記念すべき年ではあるが、劇場版も‘村系三部作’的マンネリが予想される。個人的に都市部の話が好きなので、正直あまり期待せずに観に行った。

奇しくも今回の舞台は‘万練(マンネリ)村’(ここもケレンが効いている)。おなじみの依頼シーンから始まり、おなじみの対決シーンへとなだれ込む。これは劇場版1、2とまったく同じ構造だ。
しかし、観始めてからしばらく経つと、平生との違いに気がついた。描き方が(TRICKにしては)とても丁寧なのだ。10周年という節目を意識してなのかどうかは判らないが、背景、人物描写、展開などがすべてまともな(失礼;)ストーリーで構成されている。
お決まりである事件の裏の悲劇は、これまた劇場版1とまったく同じ構図だが、途中途中でその存在を臭わせ、二段構えの告白では、尺を長く取るという(今までにないまともな)配慮がなされている。ゲストの役者さんの力量もあるのだろうが、今まで1、2度しか出来たことのない感情移入が自然と行えたし、このシリーズにありがちな、段取りに引っ張られてのいきなり痛い告白カット等の、ぶつ切れ感もなく楽しむことができた。

私の好きなパラドックスネタであるが、予知夢、カミヌーリ、通信のできる霊能力者など、要所要所でスマートに(こんな言葉をTRICKで使うとは思わなかった:)挿し込まれている。
特にカミハエーリ関連については、今回の映画にあたり、製作者が総おさらいをして挑んだということが良く分かる決着の付けかただ。
このループネタも個人的には大好物である。集大成という感じで良い。
(ちなみに、上田の研究室に飾られたコレクションを長尺で撮っている点なども、ファン心理をくすぐってとても嬉しい)
ファニーな小ネタに関しても、回を追うごとに贅肉がそぎ落とされている。
構図が同じせいもあって、村長が単語を言い間違えて村人に訂正されるシーンなど、常連でもいちげんさんでもクスリとさせられる天丼ネタが満載。戸田恵子さんの‘踊るぺイズリー教団’といい、それぞれの自称霊能力者を魅せる手法などもかなりこなれていて分かりやすい。
私が特に気に入ったのが、松平健さん扮する鈴木に付随して、要所要所に暴れん坊将軍ネタが挿入されることだ。役者さんの背景という事情に加え、劇中奈緒子が再三‘暴れん坊将軍ファン’であることを描いてきたことで(しかもそれには触れない)、さらに面白みが増している。

役者さんで注目すべきはまず阿部寛さんだ。10周年なので見慣れてしまって当たり前のようなのだが、この上田次郎というキャラクターを創作した彼には、当時から一方ならぬ信頼を寄せている。こんな形而上かつステレオタイプの人間を説得力のある存在として演じるのは、なかなか才能が要ると思う。
ゲストの役者さんであるが、まず、翔平役の佐藤健さんが予想外に(ファンの方スイマセン;)上手だったことだ。このシリーズは、全般的に不条理な演技を要求される。むろん前述の脚本の丁寧さもあるのだろうが、いろいろ勝手が違うと思うこのワークに、彼は見事実存を持たせることに成功している。
あとは、偽霊能力者・杉尾園子役の片瀬那奈さんが印象深い。対決シーンの滑稽な言動は、他人には真似し難い独創性に満ちている。お綺麗な方だけに余計可笑しいのがいい。藤木直人さんの鬼気迫る演技も、シーンをキリリと締めてくれ安心して観られた。

個人的にファンである兄ぃこと生瀬さんであるが、(歴代の刑事コンビがそうであるのだが)事件にまったく絡んでこないばかりか、出番がどんどん少なくなっていることが惜しまれる。
ちなみにお決まりでも、‘ズラが取れてもじゃもじゃモザイク’以外の類似ネタが見たかったのが本音のところ。

結局、天丼に天丼を重ねた上、連続テーマに対しての回答は何一つ出ないわけだが、見終わったあと、心地よい安堵感が胸を満たした。
テーマが放置でも構造がガタガタでも、私はやはり、この世界観が大好きなのだろうと思う。
うたの | 映画、書籍等 | 02:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 02:21 | - | - |
Comment
私もこの映画を観ました。ブログをはじめて1ヶ月です。この映画についての感想が凄いのコメントさせてもらいました。すごく参考になります。

posted by 不思議くん ,2010/05/18 7:05 PM

お褒めいただき恐縮です^^;
感じたことを忘れないよう書き留める目的のブログなので、
自分以外の方には意味不明な点、賛同しかねる点が多々(ほとんど?)あるかと存じます。
自分の感覚だけを信じる、手前勝手な感想に満ち満ちておりますが、
「何見てんだお前」とか「考えすぎだろ!」とか、軽くツッコミを入れながらお楽しみいただけていれば幸いです。

posted by うたの(host) ,2010/05/19 1:24 AM










Trackback
URL: