債務整理 千葉 グッド・バッド・ウィアード | 思いて学ばざる日々

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

とにかく早く取り組みたい人へ
自己啓発にもオススメ
RECOMMEND
自殺のコスト
自殺のコスト (JUGEMレビュー »)
雨宮 処凛
死にたくなったらこれを読め
RECOMMEND
死別の悲しみを超えて (岩波現代文庫)
死別の悲しみを超えて (岩波現代文庫) (JUGEMレビュー »)
若林 一美
我々にとっては簡単な死が、どれだけの長い時間、遺された人々に影響を及ぼすのか?
MOBILE
qrcode
SEARCH
PROFILE
LINKS
   
OTHERS
SPONSORED LINKS
CONCEPT
うつで離人症で毎日が夏休みの
三十路女、人生を謳歌中。
好きなもの:止揚
嫌いなもの:ルサンチマン
自分の覚え書きめいたブログです。
CLEVER CLOGS!
LATEST ENTRY
CATEGORY
my GPS
skim
OIDEMASEEE! VISITORS
ARCHIVE
TRACKBACK
<< 奇術師フーディーニ ~妖しき幻想~ | top | スペル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
グッド・バッド・ウィアード
評価:
---
映像は悪くないです。
うぅぅん、正義がなく誰にも寄り添えません。ひたすら打ち合ってます…
毛嫌いは損


いまのところ、私が世界で一番上手い俳優さんだと思っているのはソン・ガンホさんだ。
どんな配役のどんな仕草にも、‘リアリティ’では表現しきれない実存の重みを持たせてしまう、数少ない役者さんである。(ちなみに、2位は香川照之さんです)
そんな彼の扮するウィアードというより道化役が所狭しと暴れまわる西部劇がこれだ。
しかもメガホンを握るのは、男の物語を甘く切なく描ききった『甘い人生』のキム・ジウン監督。
これで、面白くないわけがない。

主役は、賞金稼ぎのトゥオン(チョン・ウソン)、馬賊のボスであるチャンイ(イ・ビョンホン)、闇市に身を置く泥棒のテグ(ソン・ガンホ)の三人の男。それぞれ善悪変と役割が決められているのだが、どの人物もそれだけでは語りつくせない癖がある。
シンプルなストーリー展開に乗っけられ、この3人のキャラクターを表現するエピソードが上手く描かれていることもあるのだが、演じる役者さんがいい仕事をされる方たちだから余計に面白い。
ウソンさんはニヒルなガンマンを、懐かしくもかっこよく演じているし、ビョン様は漫画に出てきそうなマッドな悪役を、カリスマ者的にも魅力たっぷりに演じている。
また、いうなればジャッキー・チェン的役回りの小悪党を演じるガンホさんは、厳しい世を生き抜いてきたハイエナのようなしぶとさを、ごく自然な所作で演じきっている。(これは脚本なのであろうが、テグが音に敏感なところとか、キョロキョロしまくるところとか、すごく説得力がある)

私は西部劇にはまったく詳しくないのだが、アクションものというのは、波のある展開と派手な立ち回りで楽しませるのが常だ。
無論、壮大で息もつかせぬストーリーであるはずなのに、まったく盛り上がりに欠ける退屈な作品もある。
しかし、この映画の場合、まったくその心配がない。ハッキリ言ってストーリー性に斬新なものはなく、荒唐無稽で、むしろセオリーを踏むような展開であるのに、ちっとも飽きさせない。分かりきった銃撃戦、騎馬戦、爆発等のアクションシーンのはずなのに、常にド迫力である。
闇市での空中での大立ち回りはもちろんのこと、最後の荒野での追跡シーンなど、見てるこっちが「大丈夫か!?」と心配になるほど見ごたえがある。
しかも、雨のシーンと晴れのシーンの天候の撮り方、使い方もすごくいい。アクションシーンが早回し気味なところも、なんだか西部劇っぽくて好きだ。

基本的に、トゥオンとテグのシーンは両者の相反するキャラクターのコラボが皆いい味を出しているのだが、特に好きなのは、やはり就寝シーンだろうか。ウソンさん扮するトゥオンが自嘲気味に夢を語ろうとする、あのためらいぶりが上手い。
あと気に入っているのは、最後の最後にチャンイが空を眺めるシーン。彼の‘生'にこだわらないエッヂィなキャラクターが良く出ていてよかった。

うたの | 映画、書籍等 | 02:53 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 02:53 | - | - |
Comment