債務整理 千葉 アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン | 思いて学ばざる日々

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

とにかく早く取り組みたい人へ
自己啓発にもオススメ
RECOMMEND
自殺のコスト
自殺のコスト (JUGEMレビュー »)
雨宮 処凛
死にたくなったらこれを読め
RECOMMEND
死別の悲しみを超えて (岩波現代文庫)
死別の悲しみを超えて (岩波現代文庫) (JUGEMレビュー »)
若林 一美
我々にとっては簡単な死が、どれだけの長い時間、遺された人々に影響を及ぼすのか?
MOBILE
qrcode
SEARCH
PROFILE
LINKS
   
OTHERS
SPONSORED LINKS
CONCEPT
うつで離人症で毎日が夏休みの
三十路女、人生を謳歌中。
好きなもの:止揚
嫌いなもの:ルサンチマン
自分の覚え書きめいたブログです。
CLEVER CLOGS!
LATEST ENTRY
CATEGORY
my GPS
skim
OIDEMASEEE! VISITORS
ARCHIVE
TRACKBACK
<< パラノーマル・アクティビティ | top | しんぼる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
評価:
---
観ていて「意味の分からない場面」多過ぎです。人物関係も説明もないし。
物体Xが出てきた
一本の美しいミュージックビデオを観た

 
映像からテーマを汲み取るのが難しい作品ですね。
難しくかつシンプルな主題にあわせてなのか、映像が静かで素朴、ごく散文的。
(テーマがまったく違うけど、映像のタッチは『隣人13号』とか『空気人形』と同系・・・・とも言えなくもなくもない)
元来こういうの好きなはずの私なんですが、今回は、いまいち食指が動かなかったかな。

冒頭の二人が、何であんな困った顔をしてるのか、ラスト近くでよく解るんですけれど。
結果的に殺人鬼となった芸術家≠受難を理解する者 みたいな構図がいまいち好きになれないのかも。
本人が特に戸惑ってるところとか、凄くいいんですけれども。
そうせざるを得ない設定もよく解るんですけれども。

とにかく受難、受難の作品です。

受難をダークサイドから理解し始めてしまったクラインは、調査対象であるシタオのことを識らないが、「お前は何なんだ!」と、存在について色々思い悩みます。
身体(の傷)のみが撮られた写真を、散文的に解体ショーしてみたり、こねくり固めてみたりしますが、疑問は深まるばかり。
(これは‘神に近き者’に対する人間の態度を暗喩しているという理解でいいのだろうか?)

キリストの再来という位置づけ(なんだろうきっと)のシタオが、「与える者」ではなく「奪われる者」だというところはいい! これは好きだ〜
何故キムタクさんなのかといえば、子供みたいな目のオッサン(スイマセン;)だからではないでしょうか?外国の人から見たら、あれが、ちょっと不思議な存在に映るのかも。

そう思いつくと、他の主役二人も子供みたいな目ですね。
ちなみに私には、ビョン様演じるドンホの役割がいまいち掴めませんでした。
罪深き‘恐れる人’らしいのだが、それがいまいち解りづらい。
シタオに手を差し伸べるのもいきなりって感じが払拭できないし、涙を零す奇跡シーンも、いまいち好きになれない。
(それよりミミちゃんが帰ってきたときのソワソワぶりのほうがよく解る)
日本人として見慣れてしまったキムタクさんが、光背を負った感じに見えないからかなぁ?

うたの | 映画、書籍等 | 01:59 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 01:59 | - | - |
Comment