債務整理 千葉 しんぼる | 思いて学ばざる日々

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

とにかく早く取り組みたい人へ
自己啓発にもオススメ
RECOMMEND
自殺のコスト
自殺のコスト (JUGEMレビュー »)
雨宮 処凛
死にたくなったらこれを読め
RECOMMEND
死別の悲しみを超えて (岩波現代文庫)
死別の悲しみを超えて (岩波現代文庫) (JUGEMレビュー »)
若林 一美
我々にとっては簡単な死が、どれだけの長い時間、遺された人々に影響を及ぼすのか?
MOBILE
qrcode
SEARCH
PROFILE
LINKS
   
OTHERS
SPONSORED LINKS
CONCEPT
うつで離人症で毎日が夏休みの
三十路女、人生を謳歌中。
好きなもの:止揚
嫌いなもの:ルサンチマン
自分の覚え書きめいたブログです。
CLEVER CLOGS!
LATEST ENTRY
CATEGORY
my GPS
skim
OIDEMASEEE! VISITORS
ARCHIVE
TRACKBACK
<< アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン | top | 告白 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
しんぼる
評価:
---
映画ではなく
芸術に近づいた。
日本人に向けて作って欲しい。


立て続けに解りづらい映画の登場!

松ちゃんのことだから、ただ面白いものを撮っただけで、主題なんて考えてないのだろうけど。
『大日本人』に比べると、方向性の解る象徴的な映画です。

次に何が起こるか判らないボタンを押し続ける神様を揶揄しているというか。
神様システム自体が、起承転結も意図もなく、ただ「面白いから」で創られているという世界観。
(昇っていくにつれて、押すボタンと押さないボタンの分別がついていくのかどうかは、ここでは判断できないけど)

最初の‘実践’が発露するまでを、哀愁?をこめて平行描写しているのが良かったです。

あれがないと、しんぼるを押す主人公の行為がいまいち重みを持たず、登ってゆくシーンの映像が理解されづらいですものね。


うたの | 映画、書籍等 | 02:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 02:00 | - | - |
Comment